Nohohon Village News

のほほん村通信 -二胡、金魚、うまいもん、あみぐるみ etc.
Posted by RISAKU   0 comments

桑の葉茶をつくってみた。

 梅雨の時期になるとかわいい赤い実をつけるこの木、何の木だかわかりますか?

IMG_0333.jpg

——答えは桑。

 桑といえば蚕のごはん(小学校の理科の授業で飼育した)くらいのイメージしかなかったのだが、人様の健康にも有用として最近注目されているらしい。

 桑の葉に期待される効果は主に

 1、糖尿病の予防・改善
 2、メタボ対策
 3、ダイエットサポート
 4、肝・腎機能の改善
 5、便秘解消

の5つだそう。(「桑の葉の5つの効能と効果を最大まで高めるための全ポイント」より)


 というわけで、近所に自生する桑の葉をちょっといただいて、桑の葉茶をつくってみた。


 生の葉っぱをよく洗いザルに広げてベランダで干す。直射日光に当てること数日、カラカラパリパリになったところ。

ちなみに生葉も触ったかんじはガサガサするが、ミキサーにかけるとあら不思議、フレッシュジュースとして苦もなく飲める。

DSC_0331.jpg
 
手でくしゃくしゃとほぐし、

DSC_0332.jpg

ミルで粉砕すると、あっという間に自家製桑の葉の出来上がり〜!

DSC_0334.jpg

 まず、お日様の下の草原の香りをかぐだけでもホッ。粉末状なので、お茶だけでなく、パスタや白ごはんにふりかけても食がすすむ。

これを摂りはじめてから、気のせいかお肌の調子がよくなったかも♪


 紫に熟した桑の実も少しずつホワイトリカーに漬けてみた。漬けたかんじがやや虫っぽくてグロテスクなので写真は割愛するが、すでに赤ワインのようなふくよかな香りがする。できあがりが楽しみだ。








スポンサーサイト



Posted by RISAKU   2 comments

簡単ぷるぷる☆ 自家製保湿ジェル♪

 クレンジングクリームの作り方に続いては、

「簡単ぷるぷる☆ 自家製保湿ジェル♪」の作り方

のご紹介〜。

(1)まず、「グリセリン」と、「アルギン酸ナトリウム」なるものを用意する。

151110_0039.jpg

「グリセリン」はドラッグストアにもよく置いてあるけれど、「アルギン酸〜」のほうは見当たらないので、ネットにて調達。

「アルギン酸ナトリウム」とは天然海藻からつくられ、水分と合わさると粘りを持ちコロイド状になることから、昔から食品の増粘剤、安定剤などとして利用されている物質。生の昆布を刻むと手にまとわりつく、あのネバネバの正体である。あと、最近では小学校の理科の実験で人工イクラづくりに使われているとか。私も子どもの頃にそんな授業、受けてみたかった!

この「アルギン酸〜」、初めてのジェルづくりだし、鮮度が落ちるのが早いと聞いたこともあって、大容量でなく小袋を選んだが、これが正解であった。

なぜならば、

Posted by RISAKU   2 comments

簡単ふわとろ☆ 自家製クレンジングクリーム♪

すぐレシピが見たい方は「簡単ふわとろ☆ 自家製クレンジングクリーム♪」の作り方へどうぞ♪

* * * * *

 メイク以上に肌に負担をかけるメイクおとしという工程。よく落ちるものは洗顔後に肌がつっぱるし、マイルドなものは洗い残しが気になるしで、長年化粧をしてきて、「これ!」というメイク落としに出会えたことがなかった。

 たまに及第点以上のが見つかったと思ったら間もなく品切れになったり、廃盤になったり……。しかたなく他のメイクおとしを試してみると、つっぱり感をとおりこしてヒリヒリと焼けつくような過敏反応が出るようになり、さすがに危機感を感じた。

(成分表を見ていると、どうやら「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」あたりがくせ者らしいのだが、化学物質の話はひとまずおいといて。)


Posted by RISAKU   4 comments

ヒリヒリするぜ! 自家製・柚子こしょう

 一昨年の「すだちこしょう」試作から早や2年。今年はトウガラシがわんさか成ったので(まだほぼ青色)、いただきものの柚子を使って、柚子こしょうづくりにトライすることに。

 枝先ごと切って持ち帰ったトウガラシ。これでもまだほんのごく一部です。

151029_01.jpg



それにしてもこの青さ。未熟なくせに、赤いやつの何倍も何十倍も辛いんである。

「フッ、オレ様に触るとヤケドするぜ!」

Posted by RISAKU   0 comments

のほほん村食堂、春のたけのこフェア。

 豆腐と春野菜のグリーンサラダ。ブロッコリー、サニーレタスはのほほん村菜園産。

150605_0155.jpg