のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   4 comments

ヒリヒリするぜ! 自家製・柚子こしょう

 一昨年の「すだちこしょう」試作から早や2年。今年はトウガラシがわんさか成ったので(まだほぼ青色)、いただきものの柚子を使って、柚子こしょうづくりにトライすることに。

 枝先ごと切って持ち帰ったトウガラシ。これでもまだほんのごく一部です。

151029_01.jpg



それにしてもこの青さ。未熟なくせに、赤いやつの何倍も何十倍も辛いんである。

「フッ、オレ様に触るとヤケドするぜ!」

スポンサーサイト
Posted by RISAKU   0 comments

のほほん村食堂、春のたけのこフェア。

 豆腐と春野菜のグリーンサラダ。ブロッコリー、サニーレタスはのほほん村菜園産。

150605_0155.jpg



Posted by RISAKU   2 comments

ベランダでぎんなん仕事、やってみた。

 先日人生初のぎんなん仕事にトライしてみた。しかも場所がないので、ベランダで(近所の皆さん、ご迷惑をおかけします……)

 拾ったぎんなんは、あの臭いブヨブヨのオレンジの果肉つきのまま、水に浸けておく。私はステンレスなべに水プラス、乳酸菌の消臭効果も期待して米のとぎ汁を入れ、実を浸してフタをし、ベランダに置くこと2日間。

おそるおそる開けてみると、……ん? 思ったほど臭くない。ぎんなんの実は強アルカリ性というので、両手に使い捨てビニル袋を2重にして作業開始〜。

20141219_0.jpg



Posted by RISAKU   4 comments

ピクルスを食べたかった彼氏

 スーパー店頭の陳列セールを眺めていたら、店内からレジを終えた20代カップルが出てきた。彼女のほうはさっさと先を行き、彼氏はキョロキョロしながら数歩後ろを歩いている。

 そして立ち止まったかと思うとおもむろに商品の瓶をつかみ上げ、

「おっ、ピクルスがあるじゃん!!」

と喜びの声をあげた。

 先行く彼女は、

「ふぅん」

と興味なさげ。



「ピックルゥス……」

今度は巻き舌ぎみに発音して、瓶を元の場所に戻した。

 そして懲りずに彼女に話しかける。

「そういえばあそこのやつ、うまかったよね〜♪」



 しばし間があった後、

彼女「……何が?」



彼「ピックルゥス!」

彼女「……」



「プックルゥス!!」

彼女「……」



「ペッコラゥス!!!」



 巻き舌三段活用の叫びもむなしく、彼女はまったく意に介さず(むしろ他人のふりをしたかったか)、依然として数歩の距離を開けたまま、ふたりはスーパーを去っていった。

 彼氏のピクルスへの熱い思いは、彼女には通じなかったようだ。



私は噴き出しそうになるのをこらえながら、内心祈った。

──あの彼がいつか美味しいピクルスをたらふく食べられますように!




Posted by RISAKU   0 comments

初めてのタケノコあく抜き。

 先日、運よく掘れたてタケノコをいただく機会に恵まれた。

 見よ! この竹皮のツヤ感。

140423.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。