のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   2 comments

11.20原宿ライブ 来場御礼♪

 11月20日(土)、原宿の自然食レストラン"MOMINOKI HOUSE"さんにて、"二胡ユニット【雨燕】AUTUMN LIVE"を開催いたしました。

 数日前の真冬並みの寒さはどこへやら、降雨の予報も見事に外れ、当日はおだやかな小春日和となりました。メンバーの2人とも雨女なのに、これまでライブで雨に遭ったためしがないとはこれ如何に。とはいえ、今回も予想を上回るたくさんのお客様にご来場いただき、嬉しい悲鳴です。

 明治通りの喧噪から一歩離れ、お店の大きなガラス扉を開けると、そこは別世界! MOMINOKI HOUSEさんは創業34年、日本における自然食ブームの先駆け的レストランで、これまで国内外の数多くのアーティストがライブを開催してきました。入り口には誰もが知る有名ミュージシャンたちの写真やサインが飾ってあり、「同じステージに立てるなんて~☆」としばしミーハー(←死語)気分に。さらに奥へ奥へと続く店内には半地下やロフト席もあって、まるで山小屋に泊まりにきたようでワクワクします。

関連記事
スポンサーサイト
Posted by RISAKU   2 comments

11.20原宿ライブは二胡+フルート+ギター♪

 二胡ユニット「雨燕」の秋ライブがいよいよ今週末に迫ってまいりました。と、ここでNEWSです。有難いことに、今回はなんと2人の楽器奏者さんが友情出演してくださることが決定! ギターのAさん、フルートのmakironさん、お世話になります♪ ……というわけで、前回以上に楽しいライブをご用意して、皆様のお越しをお待ち申し上げております。

 なお、第1部は19:30~20:00、第2部は20:30~21:00を予定しております。入れ替えはありませんので、ご都合のよい時間にどうぞ!




☆☆☆二胡ユニット【雨燕】AUTUMN LIVE☆☆☆

 二胡ユニット【雨燕】がこのたび半年ぶりにライブを行うことになりました。今回の会場は、原宿で34年続く老舗自然食レストラン「MOMINOKI HOUSE(モミノキハウス)」さん。これまでに国内外の有名アーティストも数多く演奏してきたというこのお店にて「彩雲追月」、「ノクターン」、「涙そうそう」、「菊花台」など、古今東西の名曲を取り混ぜてお送りします。晩秋の一夜を、しっとりとした二胡の音色と美味しい食事でお過ごしください。

 Time■2010.11.20 Sat
     Start 19:30-(Open 19:00-)
    途中休憩をはさんで30分×2ステージを予定しています(入れ替えなし)
    予約は不要です。お気軽にどうぞ♪


 Place■原宿 MOMINOKI HOUSE
     http://www2.odn.ne.jp/mominoki_house
     tel/fax 03-3405-9144
     東京都渋谷区神宮前2-18-5 Googleマップ
    (JR山手線原宿駅~10分、地下鉄千代田線明治神宮前駅~7分)
    ※お店のHPの「お店の場所」にも写真つきで案内が載ってます!

 Charge■1000yen

雨燕AUTUMN LIVEフライヤー
↑クリックで拡大

Posted by RISAKU   2 comments

二胡の集いin東京コンサート無事終了

 さる11月6日、調布市せんがわ劇場ホールにて二胡の集いin東京 第2回コンサートを開催しました。

 会場をお借りしておいて言うのも何ですが、某コンクリート大好きの有名建築家氏が手がけた無機質一点張りの施設で、建物自体は木の温もり溢れるパーシモンホール(第1回会場)に断然軍配が上がりますが、こちらはホールスタッフの方々が大変温かく親身に接してくださり、建物の冷たさを補って余りあるほどでした。

IMG_1914.jpg



 今回もメンバーIさん直筆の看板が受付でお出迎え。

IMG_1915.jpg



 ホールを確保したのが今からちょうど1年前、まだまだと思っていたらあっという間に本番当日になり、リハーサルだ着替えだとやっていたらもう開演時間です。秋の童謡メドレー合奏を皮切りに、二胡とフルスのアンサンブル、二胡独奏と続き、私は二胡以外にもオタマトーン、バイオリンで出演させていただきました。

 毎度のことながら、企画進行、チラシ・プログラム、舞台設営、CD操作、受付、司会……など、何から何までほぼすべてメンバーが担当する文字通り手づくりのコンサートです。係をこなしながらの出演は大変だろうと、本当は不参加だったメンバーも何人か所用をおして手伝いにかけつけてくれて感激しました。



Posted by RISAKU   0 comments

のほほん村の夏野菜、食べ納め

 いつ終るとも知れぬ酷暑が止み、晩秋のようなひんやりとした風が急に吹くようになって、我が家では扇風機がまだスタンバイしているのに慌ててコタツを出す始末。ついに夏が終ったと思っていたら、巷ではもう年賀ハガキ売りのスタンドが立ちはじめて、いささか焦った。

 我が菜園の夏野菜たちも、つい先日まで「まだまだ夏だもんね~♪」と言わんばかりに旺盛に花実をつけていて、私も何だか面倒くさいようなもったいないような気がして傍観していたのだけれど、いかんせん猫の額である。冬野菜の種を蒔くスペースをつくらねばならぬし、何より、数十区画ある農園内で、2メートルを超えるゴーヤーの支柱を立てている最後の人物が他ならぬ自分であることに気づいて、さすがにゴーヤーの蔓は処分した。でも、ナスと空心菜はまだ放置中。

 なけなしの数株のなかでも最後に収穫した黒もちトウモロコシ。



 はやる気持ちをぐっとこらえて、粒の形が皮ごしに透けて見えるまで待って収穫したら、ちゃんと黒く色づいていた。うまく受粉しなかったのでかなり歯抜けだけれども、味はモチモチして甘かった。

 ところで私は子どもの頃前歯がこんなで、親や親戚からよく「オハグロ、オハグロ」とからかわれた。大好きなトウモロコシがかじれないので、伯父がひと粒ひと粒外しては茶碗に入れて食べさせてくれたっけ。


 続いて、ゴーヤーメニュー3連発。連日ゴーヤーを料理していたらネタがつきて、しまいには何にでも入れるようになり、意外とゴーヤーの用途が広いことに気づいた。いや、単に自分の舌がゴーヤー慣れしただけなのかも。

 ゴーヤーと明太子とイカのピリ辛炒め。




 その昔ランチでお世話になったこともある「カフェ・ハイチ」の味を思い出しながら、ゴーヤーとトマトのドライカレー風。




 ゴーヤーとチャーシューのグリーンカレー。薬味は自作の紫蘇の実漬





 つい最近になって、やっと秋らしいメニューが食卓に上るようになった。田舎から送ってきた本山産しいたけとチャーシューのスープパスタ。それでも青いの(空心菜)ががんばってたりして。




 本日は、久々にオーブンが稼働。手はじめにチーズプチパンなぞ焼いてみる。




 生地には豆乳とおから、オリーブオイル、とろけるチーズにハム、菜園で摘んできた刻みフェンネルなどを練り込み、トッピングにもチーズを載せた。







上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。