のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   8 comments

菜園の夏野菜、試し穫り!

 4月から場所を変えて再開したのほほん村菜園。天候不順で育ちが今イチと思いきや、ここへきて見た目も徐々に菜園らしくなってきた。

IMG_5299.jpg



 手前のでっかいのは初挑戦のキャベツ。といってもキャベツは特に好物でもなく、アオムシがつくから敬遠していたのだが、先月手入れをしているときに、他の区画の某オヤジが段ボール箱持ってやってきて、おすそわけ、というか──

 オヤジ:「奥さん! ちょっと、お、く、さぁ〜ん!

 私:「はぁ……(誰でも彼でも奥さん奥さんってジャパネットかよ、馴れ馴れしいオヤジ苦手だわ〜)」

 オヤジ:「奥さんさぁ、キャベツいらない?」

 私:「え(もう「奥さん」を否定するのは諦めよう)、キャベツつくったんですか?」

 オヤジ:「つくったんじゃねーよ!」

 私:「はぁ(つくってないのにくれるって、わざわざスーパーで買ったの? 謎〜、と、まだ球状の食用キャベツを想像中。)

 オヤジ:「はぁ、じゃねーよ! いいから、いるのかいらないのか先にハッキリしろ!」

 私:「じゃあ、(そんな言い方されたら)1個ください(って言うしかないじゃん)」

 オヤジ:「プッ、"1個"って(嘲笑)」

そこでオヤジさんが箱からわしづかみにして取り出したのを見てやっとキャベツ苗のことだと気づき、あわてて
 
 私:「キャベツ初めてなもんで、少しでかまいません」

 オヤジ:「ほらよ!」



という具合で、結局5本の苗を半ば無理矢理押し付けられたもの。ところが、これが肥料も大してやってないのにすさまじい成長ぶりで驚いている。この調子でいくと、美味しいロールキャベツがつくれるかもと期待。一見馴れ馴れしいけど本性はきっと照れ屋のべらんめぇオヤジよ、

「いい苗を、ありがとよ!」

 さて、初夏も過ぎて夏野菜に花がぽつぽつ咲きはじめた。


Posted by RISAKU   0 comments

解体を待つ団地、ゴハンを待つ猫

 電車に乗るたびに、車窓から見えるある一角が気になっていた。消えそうでなかなか消えない、でもいつか確実に消えるはずのその一角を先日、ついに見に行くことができた。といっても、日本全国どこでも見かける団地なのだけど。

 ただ違うのは、全棟に人の気配がないこと。団地といえば子どものキャーキャー騒ぐ声が聞こえてきたり、主婦が買い物袋ぶら下げて立ち話してたり、庭先でお年寄りが花の手入れをしているような光景をイメージするが、無人の団地というのは一種独特な雰囲気を持っている。

IMG_5247.jpg



住人は全員、背後にあるピンク色の新しい団地に引っ越したらしい。

IMG_5246.jpg



見る人がいようがいまいが、今年も美しく花は咲く。

IMG_5248.jpg



上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。