のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU   0 comments

初秋の長野歩き〜野尻湖

 翌朝は絶好の行楽日和! ホテルから移動中、沿道には信州らしい田園風景が広がっていた。ただ、夏が長かったせいか、リンゴの収穫期にはちょっと早かった模様。

12nagano_10.jpg



 ナウマンゾウでおなじみ、野尻湖に到着。遊覧船の発着場には昔なつかしエアホッケーと、とぼけたミニメリーゴーランド(?)が設置されていた。観光地の待合所とか休憩所にありがちなこの手の遊具、以前なら「だっさー、景観ぶちこわし!」と一瞥するところだけど、いつの間にか「これも日本らしさなのかも」と思うようになってきた。

12nagano_9.jpg



船上からの野尻湖の眺め。このあたりは大正時代からの避暑で、宣教師たちが移り住んで「ガイジン村」をなすほどだったそうで、この日もヨットやワカサギ釣りなど、湖遊びする人の姿が見受けられた。

12nagano_8.jpg



中央にぽっかり浮かぶ琵琶島に10分ほど停泊し、神社にお参りしてまた船に乗り込む。戻ってきたら発着場で脚こぎスワンが行儀よく整列して待っていた。これも観光地の湖の定番アイテムだが、ここのスワンはどことなく愛嬌があっていい。

12nagano_7.jpg





Posted by RISAKU   0 comments

初秋の長野歩き〜芳ヶ平湿原

 それからちょこっと群馬まで足を伸ばして、草津白根山へ。下界は気持ちよく晴れていたのに、山のふもとまで来ると急に曇ってきて、到着したころにはパラパラ雨が降りはじめた。

 湯釜や弓池は一昨年行ったので(「杖にすがって湯釜見物」「霧の弓池とニホンカモシカ」)、ひとまず芳ヶ平湿原を散策して天気の回復を待つことに。

12nagano_11.jpg



 一見寂しげな湿原だが、足元をよく見ると、高山植物が可愛らしい花やおいしそうな実をつけていた。

 エゾリンドウ。

12nagano_13.jpg



 ハナニガナ。

12nagano_14.jpg



Posted by RISAKU   0 comments

初秋の長野歩き〜旧軽井沢

 先月、長野を駆け足で回ってきた。まず着いたのは旧軽井沢。都内はまだ残暑続きなのに、こちらは気温22度と、まるで別世界のよう。

 軽井沢聖パウロカトリック教会。木造の屋根が緑に映える。入り口脇ではなぜかおじさんが立ってユーフォニウムを吹いていて、「アメイジンググレイス」からビートルズまで持参の伴奏音源でエンドレスで練習していた。屋外カラオケといった風情で、気持ちよさそうであった。

12nagano_20.jpg



 目抜き通りをぶらぶら冷やかし、お昼を食べたあと、はずれにあるショーハウス記念館へ。帰るのが楽しくなりそうなこのアプローチ、BGMは「埴生の宿」でお願いします。

12nagano_19.jpg



 室内はこんな感じで実にシンプル。夏は快適そうだけど、冬はさぞかし寒かったろうな。

12nagano_18.jpg