のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU   0 comments

11.18 赤坂てづくり市来場御礼

 さる11月18日(日)、赤坂氷川神社で開催された赤坂てづくり市に、「のほほん村」で出展いたしました。前回の渋谷てづくり市に引き続き、「椅子の上で正座」さんとのシェア出展です。

 当日は、前の日のどしゃ降りが嘘のように晴れ上がり、望みどおりの小春日和に! ストックしているあみぐるみとおはなし豆本に加えて、2013年の豆カレンダーを数部と、ギリギリになって急遽完成させたこのカラーヘビ1体を携えていざ出陣〜。

IMG_6427_01.jpg



 鳥居の手前に、さりげなくてづくり市の看板が置かれていました。

IMG_6468.jpg



 狛犬くんも「ようこそ!」

IMG_6467.jpg




Posted by RISAKU   6 comments

11.18.Sun 赤坂てづくり市 at 赤坂氷川神社

 きたる11月18日(日)10時~16時、赤坂氷川神社で開催される赤坂てづくり市に、「のほほん村」で出展いたします。

 ブースNo.はシアワセの4番♪ 前回の渋谷てづくり市に引き続き、「椅子の上で正座」さんとのシェア出展です(写真は前回の様子)

IMG_4207.jpg

 

 このイベント、またの名を青空個展というだけあって、雨天の場合はズバリ中止になります。最近ふたたび雨女づいているそんちょですが、この日ばかりは小春日和になることを願うばかりです。

 で、準備のほうは万全かって!? そ・れ・は、……これからがんばりま〜す。←夏休みの宿題を8月31日にまとめてやるタイプ




Posted by RISAKU   0 comments

のほほん村菜園、衣替え。

 やっと暑さが和らいだと思ったら、本格的な秋が一気にやってきた。わが菜園の野菜たちも、長い夏をのほほんと謳歌していたが、急に涼しくなったので慌てて衣替えをはじめた。

 菜園の抽選に当たったり外れたり、突然の返還もあったりで、その都度レスキューしてきたアスパラガス(推定8歳。アスパラ1歳当時の写真はこちら)も、隣のゴーヤーに負けずにすくすく生長。気持ちよさげに秋空を仰いでいる。

IMG_6392.jpg



可愛らしいつぼみをつけました。

IMG_6394.jpg



 昨年の菜園返還時に栽培を断念したフェンネルだが、今年の春再開したとき、通路に1本だけひょろっと生えているところを発見。「これは『育ててくれ』という合図に違いない」と、区画内に植えかえて様子を見ていたら、立派に根づいて花をつけた。

IMG_6384.jpg


Posted by RISAKU   0 comments

初秋の長野歩き〜善光寺

 そして最後に訪れたのが善光寺。今まで何度か長野に来たことがあるのに、この一大観光名所にはまだ足を踏み入れたことがなかった。

 同じ長野でも軽井沢と違い、こちらはじりじり焼けつくような陽気である。石畳の照り返しが暑さに拍車をかける。

12nagano_6.jpg



 本堂は参拝客でごったがえして、すごい熱気だったが、善光寺ファンらしきおばさんが「今日は空いてててよかった。土日になったら歩けないもの」と話していて驚いた。今も「牛に引かれて」の時代と変わらず、テーマパーク的人気を誇っているようだ。
 
「びんづる尊者」。中国人観光客の一団が我先にとばかり手を伸ばして触っていた。中国人が善光寺参りというのは二重の意味で(1、秋葉原とかディズニーランドばかりか、地方の寺にまで中国人が押し寄せるということ。2、中国人は物質主義一辺倒かと思いきや、けっこう縁起やご利益を信じているっぽいこと)新鮮であった。

12nagano_5.jpg



 門のところに日本地図が貼ってあったので見ると、善光寺会といって、善光寺の支部的存在のお寺(会員)が日本全国にある旨を紹介してあった。善光寺信仰がそんな全国的な規模だったとは! ただし高知には会員寺がないらしい。どっちかというと弘法大師信仰や八十八カ所参りのほうが盛んだものなぁ(だから私も今まで縁がなかったのかも)

 門前を散歩していたら、こぢんまりとしたレトロな種屋さんを見つけた(原種苗店)。桐箱に珍しい種が並んでおり、迷った挙げ句に3点を自分用みやげに購入。物腰おだやかなおかみさんがひとつひとつ丁寧に育て方を説明してくれた。

12nagano_4.jpg