のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   0 comments

ラクダの国経由、トルコ行き。

 先月、ツアーを利用して、かねてから行ってみたかったトルコを周遊してきた。

 成田→アブダビ乗り継ぎ→イスタンブールというルートで、正味17時間弱のフライト。あいにく窓側は埋まっており、通路側になったものの、隣の席が空いていたおかげでゆったりできて、かえってよかった。

 機内食。朝ごはんのエビ粥はなかなか美味であった。

IMG_7430.jpg



 12時間半かけてアブダビ空港に到着。いかにもイスラムチックな派手派手の内装、映画でしか見たことのない白装束のアラブ人男性、目だけ出した黒づくめブルカ姿の女性など、初めて生で目にする中東に、ちょっとワクワク。
 
IMG_7436.jpg


関連記事
スポンサーサイト
Posted by RISAKU   2 comments

5.11 100回記念音楽会 来場御礼



 2005年2月の発足以来、月1回開催してきた集いも今月でついに第100回。これを記念して11日、荻窪かん芸館にて「二胡の集いin東京 100回記念音楽会」を開催しました。当日は朝10時に集合し、オーナーさんへのご挨拶、会場設営をへて、リハーサルをスタート。気がついたらあっという間に開場間近となり、すでに入り口には何人かのお客様もお見えに。告知をはじめた当初は「お客さんよりメンバーのほうが多いかも?」などと心配していましたが、なんと当日は満員御礼の大盛況となり、メンバー一同感激しました。

 本番はまず、集い定番ソング「絲路駝鈴」をはじめ3曲を全員で合奏。その後、二胡ソロ・重奏、フルスやオタマトーンの演奏もはさみ、再び全員で2曲、そして最後に皆様との出会いに感謝しながら「萍聚」を演奏しました。演奏終了後は、中国茶やお菓子をいただきながら皆で1時間ほど歓談をしてお開きとなりました。歓談タイムでも、お客様と二胡や音楽の話に花が咲いたり、二胡のミニ体験をしていただいたりと、とても和やかなひとときとなりました。

 その後、残ったメンバーで駅前の中国居酒屋に場所を移して乾杯! 今回の音楽会の感想や、これまでの集いイベントの思い出話、今後の練習会場のことなどで、本番以上に(?)大いに盛り上がりました。

 今回はスケジュールから何から色んな意味でタイトでしたが、メンバーが力を合わせあって無事音楽会を終えることができました。お疲れ様でした。そして何より、雨模様でお足元の悪いなか、私たちの演奏を聴きにきてくださったお客様、本当にありがとうございます!(参加者11名)



☆  ☆  ☆

 ちなみに私は二胡ソロで「草原新牧民」と、オタマトーン三重奏の「かえるの合唱」・「かたつむり」を演奏しました。

 今回は会場の窓口担当・会計・進行・チラシやプログラム作成……と一人何役もやっていたため、特に自分のソロ「草原新牧民」は準備が手薄になり、当日のリハーサルまで伴奏音源をつけるかや暗譜でいくかで悩みましたが、ままよ! と腹を括ったのが効を奏したか、とりあえず最後まで走り切ることができ、終了後に何人かのお客様から「よかった!」とおっしゃっていただきました。

 オタマトーンは前回のブラック&ホワイトに新たにブルーが加わり、トリオにパワーアップしての登場です。こちらはあえて事前練習は無し、プログラムで「ピッチのズレも仕様です(たぶん)」と断りつつ、全編オトボケで、客席の笑いを誘いました。




上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。