のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   2 comments

金魚との夏[10]〜スプーンLOVE♡

<7週目>

 合流の夢はあえなく消え、1匹だけに戻ってしまった水槽。あかねを入れてから間もなく、水草が影も形もなくなった。すずとは違って、あかねは何でも口にするタイプらしい。

 餌は1日5粒(朝3粒、夕2粒)与えているだけなのに、みるみる大きくなっていく。今は全長10センチ、我が家へきたときから3センチも成長した。

 ヒラヒラと優雅に泳いでいたすずと違い、あかねはクロール選手さながら、いつも直線ルートをダッシュである。40センチ水槽を端から端まで縦横無尽。なので、きっと「相棒がいなくなってさびしい」なんてこれっぽっちも思わず、「これで、水槽ぜんぶオイラのもの! 広々、気持ちいい〜♪」ぐらいに感じているはず。

どう、図星でしょ?

Posted by RISAKU   0 comments

金魚との夏[9]〜合流の末に

<5週目>

 あかねが元気に泳ぎ回るようになってからさらに数日様子を見て、いよいよ水槽に合流させることにした。合流した日と翌朝のエサはなし。

 先住者のすずがあかねをいじめないか心配だったけれど、あかねを入れたプラケースを水槽に浮かべても、すずは特に気にせずいつもどおり泳いでいる。

140726.jpg


Posted by RISAKU   0 comments

金魚との夏[8]〜命名!

 1カ月の療養中、ひたすら水底に漂っていた赤だが、ここ数日驚異的な回復ぶりを見せ、エアー抜けごっこをやるようになった。酸素がほしいのか、治りかけの鱗が痒いのか、それとも退屈しのぎなのかわからないが、エアレーションのホースに何度も突進していって、体をよじらせて狭い隙間をよじ登っては、「どうだ、まいったか!」とでも言いたげに悠々と抜け出て来る、を繰り返す。

 あまり狭いとまた鱗がすり減るのでは、と心配してバケツとホースの間を広げてやると、難易度が下がるとつまらないらしくあまり遊ばない。で、また何とか通れるくらいの隙間にセットすると、飽きずに突進していく。魚にも魚なりの達成欲があるのだろうか。

Posted by RISAKU   0 comments

金魚との夏[7]〜バスタブの底には

<4週目>

 3日間の留守から戻ってきて真っ先に水槽に目をやると、黒が元気に泳いでいた。水草がバラけて心なしか減っている。水槽の底に緑色の糞を見かけたので、どうやら水草を食べていたらしい。

140721.jpg


Posted by RISAKU   0 comments

8.10 ファミリーコンサート来場御礼

 さる8月10日(日)、練馬区立生涯学習センター主催のファミリーコンサート「夏コンサート」二胡ユニット"雨燕"(二胡)&okatsu(ピアノ)で出演させていただきました。

 締め切り間際に音源CDを持ち込み応募したのは、たしかまだ寒い時期。出演決定後、プログラム原稿の作成やホールとの打ち合せなどを経てついに本番当日となりました。

 先月の川崎に続いて今回も台風の動向が気になるところでしたが、「雨燕の逆ジンクスで、きっと雨も上がるだろう」とたかをくくっていたら、台風の本体は関東から外れたものの、リハーサルが終わってもザアザア降り。まったくやんでくれる気配がありません。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。