のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   4 comments

2011年上海の旅─成田から浦東へ

 今回の上海行きは夜、成田発。

 夜遅くまでお仕事ご苦労様です。

 
IMG_3705.jpg



 離陸後は、房総半島を抜けて日本列島を縦断するルートで、東京の夜景を上空から眺めてしばし遊覧飛行気分に浸れた。よく晴れた日で視界もよく、私は毎度のことながら窓にかじりつきで写真を撮影(暗くてボケボケだけど) この後も、本州の夜景を東から西へと一望できたのはラッキーであった。

 
IMG_3707.jpg




 機内食は「牛肉飯」か「鶏肉麺」のどちらかと聞かれ、辛みの効いた四川風鶏肉入り焼きソバを期待して「鶏肉麺」を頼んだ。

ところが、出てきたのはのび切ったうどんに薄味の鶏肉スライスあんかけをからめた代物。日中合作料理のつもり? 讃岐の人が見たら許せないんじゃないか。などと考えながらも、お腹が空いていたのでぺろりと平らげる。デザートはなぜかキットカット。

 
IMG_3711.jpg




 食後、暇つぶしに座席の前ポケットを物色していたら、救命胴衣の着用方法を記したイラストが目に留まった。

 
IMG_3720.jpg


この子どもの怪しさ加減には、奈良美智さんもびっくりだろう。顔はひきつり、身体が硬直し、明らかに怯えている。お母さんも必死の形相だ。日本人イラストレーターなら、とりあえず「子どもなんだから可愛らしく」描こうとするところ、あちらは緊急脱出時のリアル感が最重要ということか。

不気味なんだが、見れば見るほど気になる絵だったので、記念に撮影。もちろん、この説明図が要らなくてすむならそれに越したことはない。


 そうこうしているうちに、上海浦東空港に到着。現地時間は23時。そういえば2004年、初めて中国を訪れたときもこの空港に、これぐらいの時間に着いたんだっけ。

 
IMG_3721.jpg


ターミナルの灯りが「おかえり!」と言ってくれている気がした。ただいま、浦東。ただいま、上海!





Comment

だやん ...
救命胴衣のイラストはこれぐらいのリアリティがあるぐらいがいいかも。しかしながら味のある絵だな。
2011.12.18 08:12 | URL | #- [edit]
村長 ...
だやんさん:
たしかに、このシーンで笑顔だったらヘンですよね~。
中国テイストの絵には、なぜだか惹かれるものが多いです。
2011.12.18 15:13 | URL | #LbtWrqQ6 [edit]
つんでこ ...
[1]のイラストは、笑わないように命じられて、くすぐり攻撃を耐えているようにも見えます(笑)。
2011.12.18 17:22 | URL | #- [edit]
村長 ...
つんでこさん:
笑い禁止のくすぐり攻撃、そりゃたしかにつらい!
[3]なんて、そのまま上空向けて飛んでいきそうだし、
[4]の子どもは「何すんねん」とでも言いたげです(^^)
2011.12.18 21:07 | URL | #LbtWrqQ6 [edit]

Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。