のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU   4 comments

白川郷、雪と茅葺きと招き猫

 そしてこちらは5年ぶり、2度目の白川郷。前回白川郷を訪問したときは山頂にちらほら雪が見える程度だったが、ひと月早いとこうも景色が違うのかと驚いた。

車窓の風景からしてこんな感じ。

shirakawago5.jpg



駐車場から荻町集落へとつながるであい橋を望み、パチリ。ちなみに駐車場の周囲には2メートルほどの雪壁ができており、写真手前の川岸も全面、雪で真っ白く覆われていた。

shirakawago7.jpg



前回「郷里の吉野川に似ている」と書いた庄川は、雪どけ水で激流と化していた。こうして見ると、雪国の川はまったく違うなぁ。

shirakawago1.jpg



集落に足を踏み入れるとそこは一面、雪、雪、雪。

shirakawago8.jpg



いたるところに雪の橋が出来ていた。これでも融けたほうなのだとか。南国育ちの私には、ここの冬の厳しさは想像もつかない。

shirakawago2.jpg



田んぼもこのとおり、雪で覆い尽くされる。観光客が通り過ぎると、そこはただ静寂の世界。

shirakawago6.jpg



 そんななか、誰かに呼ばれた気がして辺りを見回すと、一軒の民宿の軒先に何かうごめくものがあった。

「にゃあにゃあにゃあ!」

3匹の猫さん(写真には写ってないけど、左手奥にももう1匹いる)が、挨拶よろしく近づいてくるではないか! カメラに寄ってきたので、撫でようと手を伸ばすと、「にゃあ」と言ったなり、微妙な顔して後ずさりされた。残念! でも、招き猫の役はじゅうぶん果たしているようだ。寒いなか、お務めご苦労。

shirakawago3.jpg



この明善寺の茅葺き屋根は集落でもひときわ立派であった。水田に映えるシルエットも含め、荘厳で美しい。

shirakawago4.jpg







Comment

だやん ...
まだまだ積雪しているのに屋根には雪があまり
残っていない様子は、合掌造りの機能性がよく
分かりますね。
猫さん3匹民宿のかんばん猫さんなのかな。
お仕事お疲れ様です。
2012.04.01 14:03 | URL | #- [edit]
村長 ...
だやんさん:
あ、ホントだ、屋根に雪が積もってない!
これなら雪下ろしが要らないですね。
先人の知恵、素晴らしい。
猫さんのいる民宿、いつか泊まってみたいです♪(^^)
2012.04.01 18:07 | URL | #- [edit]
二胡奏者 びー ...
大昔一度仕事で行きましたe-330
懐かしいです…
寒いのが苦手な主様も私も写真をみるだけで
凍えそうですe-444
2012.04.06 13:06 | URL | #9jlArShQ [edit]
村長 ...
二胡奏者 びーさん:
え、仕事で白川郷って、
もしや二胡演奏されたとか!?
実は、このモフモフ看板猫さん見たとき、
一瞬、あるじ様が思い浮かんだんですよ。
ここの猫さんたちはたくましいですね〜。
2012.04.06 17:07 | URL | #- [edit]

Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます