のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU   4 comments

ブルーモスクへ

 慌ただしくバスを降りてまず向かった先はブルーモスク

 早足のガイドさんに遅れをとるまいと、うつむき加減で小走りでついていったら、気がついたときにはお目当てのそれがデーンとそびえ立っていて思わず「おお」と歓声を上げる。とにかく大きくてファインダーに入りきらないが、無理して尖塔だけ撮ってみた。日本晴れ、もといトルコ晴れも手伝って建物の美しさが際立つ。

IMG_7469.jpg



 入り口前は、某テーマパークのアトラクション待ちもかくやという行列ができていた。トルコは比較的イスラムの戒律が緩いほうだが、モスクに入る際、女性はベールで頭を覆うのがしきたりだそうで、このモスクはベールの貸し出しも行っている。私は日本から持ってきた大判のスカーフを代用した。モスク入場用にと思って用意したが、このスカーフ、ツアー全日程を通し、日焼け防止用に大いに活躍してくれた。

 いよいよ入り口へ到着。ここで靴を脱いで中へ入る。靴はビニール袋を貸してもらい、各自持って歩く。

 内部は薄暗くひんやりとして、絨毯が足に心地よい。祈る人とそれを見物する人が入り乱れる光景は、ちょっと不思議な感じがしたが、厳かな雰囲気は充分伝わってきた。

IMG_7474.jpg



 見上げると歴史の教科書の片隅でしか見たことのないイスラム美術が、リアルに迫ってきた。いや、むしろこちらが吸い込まれるというべきか。じっとたたずんで、いつまでも見ていたくなる幾何学模様。

IMG_7473.jpg



ただただ天井を眺めているだけであっという間に時間が経ち、名残りを惜しみつつ表へ出ると、集合場所の脇にトルコ国花であるチューリップが整然と植わっていた。これまた青い空とのコントラストが絶妙である。

IMG_7484.jpg



 帰り際、振り返って全景をカメラに収めることができた。

IMG_7486.jpg




Comment

べ〜なた ...
美しい。
それ以外の言葉要らないんじゃないかと思うほど美しいですね。
2013.06.18 20:38 | URL | #- [edit]
村長 ...
べ〜なたさん:
……ですよね〜。もうただ無言でうっとりと見上げてました。
何百年も前にこれを造った職人さんの魂を感じた気がします。
2013.06.19 07:42 | URL | #- [edit]
太陽 ...
とてもキレイな建物ですね。
トルコは訪問したい国の一つです。いつか必ず行きます。
記事はここまでですか?もうちょっと読みたいですが(笑)
2013.06.26 17:06 | URL | #- [edit]
村長 ...
太陽さん:
トルコ、素晴らしかったですよ〜♪
旅日記は始まったばかりです。
遅筆なので、1年くらいかかるかもしれませんが(!)、
よければ気長にお付き合いください(^^)
2013.06.26 23:22 | URL | #- [edit]

Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます