のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   2 comments

エフェス都市遺跡と猫たち

 エフェスの都市遺跡にやってきた。さすが世界に冠たる古代遺跡だけあって、観光客の数がハンパない。ツアーの一群が去ると、さらにまた一群がやってきて、各国のガイドが各国の言葉で説明する声が入り乱れている。

 普通にカメラを構えても人ばかり入ってよさげな写真が撮れそうにないので、とりあえず上向いて撮ってみた。我らがトルコ人ガイドさんは相変わらず早足早口のマイペースなので、ついて行くのはハナから諦めて、自分の興味本位で見てまわる。

131028_03.jpg



遺跡の上に赤い花が咲いている。嗚呼、「国破れて山河在り」也。

131028_02.jpg



こちらはさしずめ「国破れてにゃんこ在り」、ニャー。

131028.jpg


さらに右後方円柱の上、見える人には見える野ざらしの首、キャー(嘘


4月とはいえ古代遺跡の構内は木陰がほとんどなくて照り返しがキツい。
しかしそこは猫さん、涼しい場所をよくご存知で。

131028_01.jpg



何を見てるのかな?

131028_04.jpg



じーっと近づいていくと、

131028_06.jpg



面倒臭げに目線だけくれた。個人的に、エフェスでのベストショット。

131028_07.jpg



観光客がひっきりなしに行き来する通路際にて。
例の「ちょーだいポーズ」で爆睡してるけど、夢のなかで美味しいものでももらっているのかな。

131028_05.jpg



ここは図書館の入り口。見上げると天井にも細かな装飾の跡が。
往時はどんなにか荘厳だったろう。

131028_08.jpg



美しい女性の像から、

131028_09.jpg



素朴な花や、

131028_15.jpg



兵士とおぼしき人の姿もある。

131028_13.jpg


これらを彫った人の名はもはや残っていないが、まさか十数世紀を経て遠い日本から自分の作品を見に来る人がいるなど想像だにしなかったろう。昔読んだ『天平の甍』のストーリーを彷彿する。


 円形劇場に、今は自分が主役とばかりに咲いていた赤い花。みょうに既視感があると思ったら、札幌・モエレ沼公園のプレイマウンテンに似ているではないか。ある意味、イサム・ノグチも北海道の大地に自分の遺跡=足跡を遺そうとしたのかも。

131028_14.jpg



そしてここにも猫さん。

131028_11.jpg



高台からの眺め。

131028_12.jpg



劇場の遠景。こうして見ると本当に巨大で、人影が蟻のようにしか見えない。巨大といえば最近流行りの超高層ビルも巨大だが、今から数百年経った時分には、さてどうなっているだろうか。

131028_17.jpg



見渡す限り続く石畳の道に立つと、今にも皇帝ご一行が馬車で現れそうな気がした。

131028_16.jpg







Comment

だやん ...
猫さんに国境も国籍もないですね(^^)
居心地のいい場所を見つけて
気持よくのんびり過ごすのは
トルコの猫さんも日本の猫さんも
おんなじ。
2013.10.31 20:44 | URL | #- [edit]
村長 ...
だやんさん:
そうですね、猫さんは言語も世界共通でしょうね(羨)
猫さんがのんびり過ごせるところは、
人の心にも余裕があるように思います。
2013.10.31 22:44 | URL | #- [edit]

Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。