のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   2 comments

私の身体考2◆やけどにラップ!?

 過日、うっかり素手で熱湯入りのステンレス瓶に触った。瓶は反射的に置いて無事だったが、空き瓶だと勘違いしてしっかりつかんだために、左手人差し指と中指の上半分をやけどした。

患部を冷水で洗い、きず・やけど用の軟膏を塗り、その上から保冷剤を当てる。炒め物の油が散ったとか、アイロンが一瞬触れたとか、そんな程度のやけどなら大体これで1時間もすればおさまるはずだ。

ところが、今回は時間が経つにつれてむしろ赤く腫れてズキズキ痛むようになったのである。そうなると普段病気慣れしてないだけに、人一倍不安になってくる。

 ──夜中になっても痛みが引かず眠れなかったらどうしよう?
 ──このまま腫れが引かなかったら二胡弾けなくなるんじゃないか?
 ──もしかしてやけどが深部まで達してて要皮膚移植だったら?

……などなどなど。

 ここはひとまず、痛みをおさえる方法が知りたい。そして自分で何とか手当てする方法があれば。

 そういえば昔、知り合いのお母さんが「ラップするだけで子どもの傷が治るのよ」とか話していたっけ。テレビ番組でもちらっと見たことがある。そのときは「眉唾じゃないの?」、「病は気からと言うしね〜」と話半分に聞き流していたけど、今回はいかんせんズキズキが耐えられず、ワラにもすがる思いである。

ならば病院の先生より、まず行く先はヤ○ー先生やグー○ル先生である。そうしたら、あるお医者さんが個人で開設しているらしきサイトが割と簡単にヒットした。

 その治し方の名は「湿潤治療」。まずはサイトを斜め読みした私は、「とりあえずラップね!」とばかり患部にラップをぐるぐると巻き、その上から改めて保冷剤で冷やすことに。

 だが、半時間ほど経ってもどうも痛みが引かない。そこで引き続きサイトを読み込んでいくと、長く冷やす必要はないこと、また、消毒は絶対NGなことが判明。

 そうか、最初に塗った軟膏に殺菌成分が入っているかもしれないな。というわけで、軟膏を丁寧に洗い流し、再度ラップを巻いた。

 また保冷剤については、この人生ン十年間、やけどといえば痛みが引くまで冷やし続けるものと信じてきたので、外すのにはいささか勇気がいったけれど、意外や意外、間もなくあまり痛みを感じなくなってきた。しかも、患部から汗(あるいはサイトにある"湿潤液"?)がどんどん出だして、ラップごしに外気に当てるとむしろヒンヤリ感さえある。

 痛みが軽減したら、先ほどまでの不安が嘘のように消えて、気づくとラップで指をぐるぐる巻きにしたままで眠ってしまっていた。

 そして翌日、目覚めたらもう痛みは完全におさまっていた。そしてやけどからほぼ24時間後、ラップをゆっくり外してみると真っ白にふやけていた。
(※以下、患部の写真あり注意。やけど当初は指2本が真っ赤に腫れていたものの、写真は本人パニックのため撮っていません、あしからず)













そしてそれが乾いたところがこの写真。やけどした部分の皮膚がすっかり角質化しているではないか! ちょうど関節にあたるところなので、曲げ伸ばしはしずらいが、もう新たにラップを巻く必要もなさそうだ。

131029.jpg



6日め。角質の範囲も徐々に小さくなって、指の曲げ伸ばしも無理なくできるようになり、二胡も普段どおり練習することが可能になった。

131029_01.jpg



12日め。かさぶたは中指にごく少し残るのみ。やけどの中心にあたる人差し指と中指の第一関節周辺はまだ茶色いシミがあるけれど、まぁここまで治れば御の字だろう。

131029_02.jpg



 その後、シミもきれいに消えました。万歳!!


……とすると、日焼けもやけどの一種らしいから、紫外線を浴びたなーと思った日は、洗顔したあとに美白美容液など使わず、ただ気になるところにラップを貼っておくだけで日焼け予防になるのかな?

そのあたりの実験は、忘れてなければ来年の夏にやってみよう。
もちろん、日焼けしないに越したことはないけども。

* * *

 私が参考にした湿潤療法サイトに興味がある方は、「新しい創傷治療」で検索してみてください。なお、今回の記事はあくまで私個人の体験に基づくものです。また、「湿潤療法」に対しても異論反論あるようですので、試される際は、あくまで自己責任でお願いします。







Comment

まちゃごん ...
ひゃあ痛そう〜。順調に回復しているようでよかったです💦
私の職場で、ラップ療法は褥瘡処置の定番ですよ〜✨
軽い褥瘡なら、アズノールを塗ってラップをはる、
深いものはオムラップ(浸出液を吸い取るために、ラップに小さな穴をあけて小さく切ったオムツをくるんだもの)を患部に当てる
キレイに治ります。
自己治癒力ってすごいですよねえ〜
2013.11.02 13:32 | URL | #- [edit]
村長 ...
まちゃごんさん:
やけど自体は夏前にやったのですが、お蔭様ですっかり治りました☆
なるほど、介護の現場ではすでに定番なんですね、ラップ療法。
手当てする側も楽だし、何より本人が痛くないのがいいですね。
ホントに、日ましに元通りになってく指を見ながら、
「自己治癒力ってすごい!」と感動してましたよ。
2013.11.02 16:44 | URL | #- [edit]

Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。