のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   4 comments

コンヤの庶民派フリーマーケット

 この日は夕方早めの時間にホテルに到着。添乗員さんから

 コンヤは比較的治安がいいので、夜歩いてもさほど問題はない(もちろん、貴重品の管理や細い路地に入らないなど、最低限の注意は必要)。また、ホテル近くにはフリーマーケットやスーパーがあるので、時間があれば覗いてみると、トルコ地方都市の庶民生活事情が体感できる。

との情報が入ったので、部屋で少しくつろいだ後、晩ご飯前の散歩がてらまずはフリーマーケットに行ってみることに。

 ホテルのすぐそばにはマンションがあり、前の空き地で小さな子どもたちがサッカーに興じていたが、私が通りかかるといっせいに

「メルハバ、メルハバ!」(トルコ語で「こんにちは」の意)

と手を振ってくれ、うれしいやら照れくさいやら。

 で、さらに歩いて3分もしないうちに、くだんのフリーマーケットが見えてきた。

131125_16.jpg


 本当に地元庶民のためのマーケットらしく、初めはお店の人が皆、「こいつ、何しに来たの?」と思いながら自分を観察している気がして少々びびる。

 なんというアウェー感、観光客には敷居が高かったか。でも入ったからにはとりあえず一周、見るだけ見てみよう。

 手づくり感満載の漬物屋さん。うちの梅干も出品できそうな(笑)

131125_17.jpg



スイカ山積み〜。この陳列の仕方は中国とそっくり。キロいくらで売ってるっぽい。

131125_18.jpg



 おっ、チーズまである! しかしテーブルに直置きって、日本だったら保健所が飛んでくるな……、と思いながら覗き込んでいたら、お店の主人が味見用に端から切り分けて差し出してくれた。おそるおそる口に入れたら、濃厚で香りも抜群! キロ買いして日本に持ち帰りたくなった。

131125_19.jpg



「うん、おいしい。Good!!」

と思わず笑うと、そのやりとりを周りのお店の人も見ていたらしく、この後、急に「ハロー!」、「ジャポン(トルコ語で「日本人」の意)?」と声をかけられるようになり、それからお店めぐりが一気に楽しくなってきた。

とにかく野菜は山積み方式。とれたて新鮮で美味しそう。

131125_20.jpg



131125_21.jpg



 と、トマト屋さんにいた少年2人がこっちを見るや、

「メルハバ、ジャポン! フォト、フォト!」

と言う。自分たちを撮ってほしいのかと思い、カメラを向けると、私も入れたスリーショットを撮れという意味らしい。何だかスターになった気分(笑)。トルコは親日国と聞いてはいたけど、まさかこんな歓待を受けるとは!

 こっちのスイカはもはや、山脈。

131125_22.jpg



実はこの市場、奥へ奥へと広がっていて、衣料品や洗面具などの日用品、農機具などなど、ありとあらゆるモノが売られていた。

131125_23.jpg



毛糸コーナー。トルコらしくカラフルなものが多い。ちなみに日用品の値段はざっと見た感じ日本のスーパー並みかそれ以上で、トルコ人の給料からすると決して安くはなさそうだった。

131125_24.jpg



タマゴの山に、ナスの山。

131125_25.jpg



131125_26.jpg



種とスパイスのお店。この無造作感、いいなぁ。菜園好きスパイス好きの私は、ここでしばらくしゃがみこんで物色。

131125_27.jpg



131125_28.jpg



野菜やハーブ苗のトルコ語表示を声に出して読んでいたら、お店のおじさん、種苗のパンフレットを持って来てページをめくり、「この苗からこの野菜ができるよ!」とばかり、写真を指差して教えてくれる。

131125_29.jpg



 サービス精神旺盛なおじさん、さらに他の苗のことも教えたそうだったので、こちらも茶目っ気が出て

「OK, I know!」

とパンフレットを借り、「この苗はトマト」、「この苗はキュウリ、でしょ!?」と該当ページをめくって指差したら、おじさんちょっと悔しそう。

私たちのやりとりを野次馬で見ていた人たちも「おっ、知ってる!!」と言いたげに感嘆したり笑ったりしていた。言葉が通じなくても野菜の写真でコミュニケーションできるとは、菜園やってきたおかげかも(笑)

 そして最後の買い物は、このお店。ここでもやはり言葉が通じなくて、値段交渉では「○○TL(トルコリラ)/KG(キロ)」といった筆談からはじまり、計算機を見せたり、カタコトの英語ができる男の子を連れてきたり。てんやわんやでコミュニケーションした末、ナッツとドライフルーツをしこたま買い込んだ。途中差し入れてくれたトルコ式紅茶も美味しかった。

131125_30.jpg




131125_31.jpg 両手にずっしりと買い物袋を提げて、さっき来た道を戻っていたら、例のマンションの空き地でまだ子どもたちがサッカーをやっていた。で、またしても

「メルハバ! メルハバ!」

私が手を振り返すと今度はきゃあきゃあと駆け寄ってきたので、

「フォト、OK?」

と聞くと、皆して団子になりながらモデルになってくれた。やっぱり子どもの笑顔は世界共通、最高の宝物!







Comment

べ〜なた ...
あー、いいっすね!
海外旅行の醍醐味って感じ。
トマト屋の少年とのスリーショットも見たいけど
まぁそれは直接お会いしたときにでも。
2013.11.25 22:14 | URL | #- [edit]
T.Fujimoto ...
楽しそうですね。
アウェーでも大健闘、さすがです。
2013.11.25 22:47 | URL | #hSZuq9uU [edit]
村長 ...
べ〜なたさん:
言葉が通じないからこその、貴重な体験ができました♪
トマト屋の少年たち、瞳がキラキラ輝いて可愛らしかったです!
今度行くときは「写真、ブログに載せていい?」という
トルコ語をマスターしてかなきゃ(^^)
2013.11.26 08:31 | URL | #- [edit]
村長 ...
T.Fujimotoさん:
楽しかったです!(^^)
健闘というより、お店の皆さんのノリに
まんまと乗せられたって感じかな?
2013.11.26 08:35 | URL | #- [edit]

Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。