のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   0 comments

雪の日

 都内で45年ぶりの大雪が降った翌々日。お出かけがてら公園に立ち寄ったら、池にはスケートができそうなぶ厚い氷が。試しに雪玉を投げると、氷上をツツーっと軽やかに滑っていった。

140210_03.jpg


かまくら、つくりたくなる気持ちわかるなぁ。

140210_02.jpg



雑木林の奥には、白いお父さん、もしくは、波平増毛バージョン。

140210_01.jpg



 芝生の丘には即席のそり滑りコースができていて、スコップを持ったおじいさんがゴール付近の薄くなったところに雪を盛っていた。そこへ待ちかねたように上から、小学生の男の子がそり(大きなスコップだったかも)で次々と滑り降りてくる。

「うわーい!!」

「ひゃっほー!!」


男の子たちの歓声を後に、おじいさんは満足そうに笑いながら去っていった。


 今いちど波平のもとに戻ってみたら、小学生の女の子2人組が小枝を手に、

「森に雪が降ったのに、ペ・ヨンジュンがいな〜い!」

「なんてこった〜〜!」


と、謎のセリフを吐きながら林を横切っていった。


 ふとベンチ脇を見ると、先ほどはなかった小さな雪だるまが2つ。何かの木の実をあてがった目がペ・ヨンジュンばりに垂れていた。





Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。