のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   0 comments

金魚との夏[4]〜黒、水槽へ。

<2週目>

 黒は食欲旺盛で、元気よく泳ぎ回っている。ときどきホワーっとあくびしたり、よく観察してみると色こそ地味ながらしぐさに愛嬌がある。この日、水槽立ち上げから1週間が経ったので、少し早いかもしれないが黒だけ先に引っ越しさせた。

 引っ越し当日は水槽の半分を遮光し、エサもやらずに様子を見たが、問題ないようなので、翌日から餌やりを再開。やはり一気に完食である。

週末、近所の観賞魚店に水草を買いに行く。黒は最初、興味深そうに水草をつついていたが、美味しくないのがわかったか、すぐに気に留めなくなった。

***

そのときの観賞魚店のおじいさんの話メモ。

「水草は鉛を取って浮かべとけばいいでしょう、まぁそのうち全部バラバラになるけどね」

「どんなの飼ってるの? 細長いのとヒラヒラかぁ、ホントは一緒にしないほうがいいんだけど……、まぁ、もの(個体)によっては大丈夫かな」

「[まだ一匹はメチレンで隔離中と私が言うと] あー、まだいるんだ……」

「23Lで底がガラスの水槽だったら、5匹くらいまでは飼えると思うよ」
 

「(病魚が)まだいるんだ……」の言葉が、「まだ死んでないんだ……」の意にも取れて、「2週間も経って回復しないって、やっぱり赤は助からないのかなぁ」と若干不安になった。

***

「水草より、ごはんくれ〜!」とでも言いたげな黒。

140707.jpg




 赤のほうは相変わらずバケツでメチレン浴、絶食中。毎日底でじっとしている。たまに泳いだと思ったらエラ病に多いとされるバック泳ぎ。よく見るとエラだけでなく胸びれにも白いモヤモヤが出てきた気がする。このままの状態が長引くんだろうか、見ててつらい。

 ただひとつ気づいたのが、水換え時に、ゆっくりと方向転換して頭をこちらに向けるようになったこと。具合が悪いながらも、私のことを認識してるのだとしたらうれしいのだが。


──つづく。





Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。