のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   0 comments

金魚との夏[6]〜お留守番

 7月、当・糞掃除人の都合により、3日間家を空けることとなった。

赤にしてみたら「ようやく治りかけたところで放置かよ!」という気持ちだろうが、やむをえない。

とはいえ、10Lバケツで3日間も水換えなしはさすがにマズイし、水槽には元気な黒がいて、まだ完治していない赤を入れれば病気拡大のおそれもあるし……。
で、私にできる最善の策は何かと考えた末、思いついたのが題して


バスタブ作戦。


 バスタブに50Lの水を張り、カルキ抜きを入れて一晩おき、さらに赤の入ったバケツごと水温合わせして翌朝放流。エア量を最大にし、隠れ場所用に今まで使っていた黒バケツもバスタブの端っこに横たわらせておく。

 バケツは黒いがバスタブは明るいアイボリー色である。しかも、いきなり広いところに放たれて、赤も戸惑ったか、隅っこのエアレーション近くで身を硬くしている。やっと回復の兆しが出てきたところでこの環境の変化、吉と出るか凶と出るか? でもバスタブは広くて浅い(水圧が低い)から、本来なら水槽より贅沢な環境なのだがな……。

 水槽の黒とバスタブの赤それぞれに「行ってくるよ、元気でね!」と声をかけて家を出た。


──つづく。


Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。