のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   2 comments

ベランダでぎんなん仕事、やってみた。

 先日人生初のぎんなん仕事にトライしてみた。しかも場所がないので、ベランダで(近所の皆さん、ご迷惑をおかけします……)

 拾ったぎんなんは、あの臭いブヨブヨのオレンジの果肉つきのまま、水に浸けておく。私はステンレスなべに水プラス、乳酸菌の消臭効果も期待して米のとぎ汁を入れ、実を浸してフタをし、ベランダに置くこと2日間。

おそるおそる開けてみると、……ん? 思ったほど臭くない。ぎんなんの実は強アルカリ性というので、両手に使い捨てビニル袋を2重にして作業開始〜。

20141219_0.jpg



 ひと粒ずつ、捻り潰すようにして殻からオレンジ色の果肉を外す。「梅干しみたいに取れる」とは言い得て妙で、ホントにその通りなのだが、やっぱり果肉を潰すと臭う。なんというか、赤ちゃんのウ●チ的な。

 耐えられないほどではないものの、なるべくならかぎたくないレベルである。さっさと果肉外し作業を終えたいが、梅干しと同じで、スルッとは取れなくて、どうしても殻に残ってしまう。それがまだまだ悪臭を発するんである。

外しながら洗いながらでやっていると、あっという間に水も白く濁る。風も寒いし、悪臭も鼻をつくし、隣近所に臭ってないか気になるしで、この工程が身体的にも精神的にもいちばんキツい。

 とはいえ、水を2回3回と替えるうちに、だんだん臭いも少なくなってきた(鼻が慣れたのもあるハズ)

 と、ここで秘密兵器、排水溝用ネットの登場〜!

20141219_1.jpg



 ギンナンを20〜30粒程度投入して、ネットごとゴシゴシこすり洗いすると、果肉がネットの隙間に絡めとられ、なんとかきれいに落とすことができた。

私は結局、水を4回替えた。果肉はその都度、手袋ですくい取って軽くしぼり、レジ袋に入れて密封し即生ゴミに。さらに残った液体はステンレス製のザルで漉したあと、トイレに流した(果肉を完全に取らないと、つまるおそれがあるのでご注意。あくまで自己責任でお願いします) ビニル手袋も、破れると手荒れが怖いので、念のため水を替えるごとに4枚(2枚×左右)とも新しいものに替えた。 

 そして、排水溝ネットに20〜30粒ずつ入れて輪ゴムで縛り、麻ひもを使ってベランダに吊るして干すこと1週間。いざ乾燥してみたらお店で売ってるような白いぎんなんの出来上がり〜♪

20141219_5.jpg



 うん、初めてにしては上出来上出来!! ←自画自賛

 この殻にペンチなどで軽く割れ目を入れ(自分で食べるなら、奥歯でカリッと噛むとかでもOK)、それを食べるぶんだけ紙の封筒に入れて二重に折り、レンジで500W60〜90秒温める。パチパチ……! とはぜる音が聞こえてきたら取り出し、殻を外し、くっついている茶色い薄皮をはいでいくと、ついに茶碗蒸しのアレでおなじみのぎんなんが顔を出した。

20141219_2.jpg



 数日前の悪臭攻撃が嘘のような、美しいツヤのある翡翠色。つぶらな卵形もキュートである。

 さっそくブロッコリーと自家製アンデスレッド、鶏ひき肉のあんかけに投入ー! グミのような歯ごたえと、乳にも似たほのかな香りがクセになる美味しさ。

20141219_3.jpg




 保存方法だが、ジッパーつき密封袋に入れて冷蔵庫で1週間、冷凍庫だと半年ほどは保つという。翡翠色の中身を茹でて保存する方法が主流らしいが、固い殻つきのまま袋に入れて保存でもOKという説もあったので、横着な私は殻つきのまま保存することにした。


 ちなみに、今のところご近所から「臭い」とのクレームはきていない。だが、水洗い1〜2回目あたりで臭くて(&面倒臭くて)「素直に買えばよかった」と後悔したのは事実。

「イチョウの下に行けばいっぱい落ちてるのに、お店で売ってるぎんなんってなんであんなに高いの?」なんて、金輪際言いません。——というわけで、ぎんなん仕事、来年もやるかどうかは未定である。







Comment

べーなた ...
やってみたからこそ判る有り難味ですね。
2014.12.19 22:48 | URL | #- [edit]
村長 ...
べ〜なたさん:
これからは拾う人を尊敬の眼差しで見そうです(^^)
2014.12.20 10:55 | URL | #- [edit]

Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。