のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   0 comments

2015年初夏、のほほん村菜園レポート

 すずなりのソラマメ。今年は足しげくアブラムシとりに通ったおかげで、数株50莢ほどが無事膨らんで、味見がてらちょこちょこ収穫してはいた。

150602_0277.jpg



ところが、アブラムシをしのぐ強敵が現れたのである。

 所用で3日ほど菜園に行けなかったときがあったのだが、戻ってきて見たら、生長を楽しみにとっておいた大きめの莢が、すべて消えていた。20莢近くはあったと思う。

腐ったとか虫にやられたとか風で落ちたとかなら、どこかに形跡があるはずだが、莢のつけねからすっぱりとなくなっていたんである。

これは、どう見ても人間の仕業であろう。連日虫とりに通い、丹誠込めて育てたこともあり、脱力感でしばし立ち尽くしてしまった。とはいえ、こちらはなすすべもなく、ただ、「どうか泥棒が

マメアブラムシまみれの刑

Yahoo! 画像検索で「マメアブラムシ」をみる(グロ注意)

に処されますように」と、念ずるばかりである。害虫対策だけでなく、害「人」対策も考えねばならないなんて、なんだか世知辛い世の中!


……と、落ち込んでばかりもいられないので、気を取り直して、初夏の菜園レポート。

 お見苦しくてすみません。ものの見事に穴だらけのキャベツ。今年はアオムシだけでなく、イモムシやケムシまで潜んでいて、さすがにギョッとした。例のソラマメ泥棒も、さすがにこっちには手を出せなかったようで。

150602_0290.jpg



ミツバでくつろぐナミテントウ。毎度ながら、このツヤ感がたまらない。ソラマメのアブラムシ退治にも一役買ってくれていた模様。

150602_0271.jpg



ニンジン、わさわさ!

150602_0275.jpg



インゲンはつるあり、つるなし、大連で買った春秋豆など各種取り揃えております。

150602_0287.jpg



もう何代目かわからない、アンデスレッド(ジャガイモ)。

150602_0273.jpg



エダマメ。

150602_0285.jpg



十六豆。

150602_0283.jpg



スイートコーン、種から。

150602_0279.jpg



キュウリ、これも種から。

150602_0284.jpg



空心菜。双葉の頃はこんなにしおらしいけど、これから暑くなると雨後の筍状態で生い茂る、夏場の貴重なビタミン源。

150602_0280.jpg



 そして毎度おなじみ、勝手に出てきたシリーズ、大葉。今年は大量に収穫できそう♪

150602_0274.jpg



勝手に出てきた番外編。なぜかスミレ。

150602_0286.jpg




Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。