のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   0 comments

のほほん村食堂、春のたけのこフェア。

 豆腐と春野菜のグリーンサラダ。ブロッコリー、サニーレタスはのほほん村菜園産。

150605_0155.jpg



上のバージョンに、タケノコとニンジンを入れたもの。

150605_41.jpg



意外と好評だったので(自分に)、ハムも追加してみた。このサラダだけでもけっこう栄養バランス良いんじゃない?、と自画自賛。

150605_0107.jpg



 とれたてタケノコは醤油と唐辛子で炒めると、絶品の酒の供になります。もちろん、ご飯にのせてもよし。まさに中国語でいうところの「下酒、下飯」。

150605_32.jpg



 いただきものの種から育てた練馬ダイコンも無事収穫を終え、美味しい浅漬になりましたとさ。

唐辛子風味。ピリ辛!

150605_10.jpg



高知産ゆず風味。香りよし!

150605_89.jpg




 では洋食コースから。鶏むね肉でさっぱり味のハンバーグ。おろしと付け合わせのダイコンや水菜は自家製。洋食と言いながら和風のおろしが載ってたり、付け合わせに中華食材の豆腐干がこっそり入ってたりする。

150605_15.jpg



ベーコンのパスタ。こちらも菜園で穫れたなけなしの野沢菜入り。

150605_49.jpg



 こってりが好きな向きにはこちら。黒豚肉使用で肉汁たっぷり! 穫れはじめたミツバをトッピング。春先につき、タケノコ消化率高し。

150605_46.jpg



 でもってパスタは明太子。季節の変わり目ということで、菜園のブロッコリーと、きざみ長芋の滋養強壮コンビを加えてみた。

150605_44.jpg




 ここからは中華風に、菜の花とタケノコと豚肉の春色炒め。

150605_16.jpg



定番の麻婆豆腐には、穫れたてのエンドウを投入〜。

150605_39.jpg



 奄美で食べて美味しかった鶏飯をチャーハンにアレンジ。いつもの卵の代わりに鶏ひき肉を炒めて、練馬ダイコンの浅漬、ニンジン、シャンツァイ(パクチー)など刻んでご飯と炒めるだけ。鶏のダシがきいて、うまうま!

150605_13.jpg



 ここからは和定食のイメージで、タケノコと豚肉、水菜の土佐煮風。その実、カンタン炒め。

150605_09.jpg



最後に残ったタケノコは、炊き込みご飯にしておいしくいただきました。タケノコさ〜ん、また来年〜!!

150605_17.jpg



 でもって、こちらが菜園で丹誠込めて育てたソラマメ。

150605_97.jpg



莢を開くと、真っ白いフカフカのお布団に包まれて、可愛い坊やたちが。お休みのところ申し訳ないけど、皆取り出して、

150605_99.jpg



ソラマメごはんでいただきまーす!

150605_0105.jpg



 締めのデザートは、黄桃缶と牛乳と自家製豆乳ヨーグルトあえをどうぞ。彩りは勝手に出てきたミント。無農薬なので食べられないことはないけど、半野生につき香りが強烈。

150605_33.jpg




Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。