のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   4 comments

ヒリヒリするぜ! 自家製・柚子こしょう

 一昨年の「すだちこしょう」試作から早や2年。今年はトウガラシがわんさか成ったので(まだほぼ青色)、いただきものの柚子を使って、柚子こしょうづくりにトライすることに。

 枝先ごと切って持ち帰ったトウガラシ。これでもまだほんのごく一部です。

151029_01.jpg



それにしてもこの青さ。未熟なくせに、赤いやつの何倍も何十倍も辛いんである。

「フッ、オレ様に触るとヤケドするぜ!」

 ……というわけで、用心して伊達メガネ(ゴーグルの代用)とビニール手袋を着用し、トウガラシ野郎の外科手術をする覚悟で、まずはさやを1本1本、キッチンバサミで切り離していく。

 よく葉っぱがまぎれこんで、慣れないビニール手袋で取り出すのが意外に手間である。そのうえ、ぜんぶ切り離した時点の、「たったこれだけ〜?」感といったら。

「あきらめるんなら今のうちだぜ〜?」

151029_02.jpg



 しかしここまできたらこっちも意地である。で、次の工程、「ひたすら切り刻む〜その1」へ。

チョキチョキ、チョキチョキ……、

「オレ様のカラダに何をする! やめろーーっ!」

151029_03.jpg



チョキチョキ、チョキチョキ……。

 敵もさるもの、刺激的な香りがキッチンに充満し、メガネごしというのに目がチカチカしてきた。

それでもひるむことなく、さらに次の工程、「ひたすら切り刻む〜その2」へ。ここへきてミキサー登場〜。さすが文明の利器、数秒で野郎を粉砕、ペースト状にしてくれた。今回は量が多いので、小分けにして何度かこの工程を繰り返す。となるとヤツの反撃もそれに比してエスカレートする。

「よくもこんな姿にしてくれたな、これでも食らえ!」

刺激は鼻の奥まで到達し、容赦ない。もう、鼻水ズルズルなのだが、トウガラシ液のついた手袋をしているので鼻もかめず、ひたすら涙目鼻ズルズルでミキサーと向かい合う。

道の駅などでたまに見かける「柚子こしょう」、ちっさいビンの割にいいお値段だと思っていたが、実際つくってみると、ぎんなん同様、値段の理由がよくわかるというもの。というか、この苦行を思えばひと瓶数百円は安すぎである。


 ミキサー作業をこなすと訪れる、つかの間の休戦。

しばし手袋を外して(鼻をかみ、)ゆず皮を刻む。こちらはもう、ただただ清涼で爽やかな香り。トウガラシがやさぐれた暴走族なら、こちらはさながらウィーン少年合唱団。さきほどまでの戦いで荒れていた心が一気に癒される。

151029_10.jpg



 でもって、ミキサーにかけること数秒。トウガラシペーストとともにすり鉢へ投入〜。見よ、この青々した姿を! 本来なら出会うはずのない、暴走族と少年合唱団の奇跡のコラボを!(手前の黄緑色がゆず皮) この組み合わせを最初に思いついた人に、敬意を表したい。

151029_04.jpg



 そこへ塩を適量加えて、すりこぎでペースト状になるまでゴリゴリ……。ちなみにお手本にしたレシピでは、さやを刻む前に中の種をそぎとる工程があったが、読んだだけで気が遠くなり、横着して種ごとすった(種が激辛なのは承知で、)

151029_06.jpg



 ほう、我ながらなかなか美しい青色! ここまで来たら、仕込み終わったも同然だ。暴走族の雄叫びも聞こえなくなったし、ちょっと塩加減を見ようと、耳かき一杯ほど口に入れた瞬間、

ヒーーーーッ! 

ヤツらは私の上唇と胃の中で3時間ほど暴走し続けた。







「ウシャシャシャシャ!! オレ様を食うなんぞ十年早いわ!」

願わくば半年か1年くらいで熟成してほしいのだが。ひとまず、今回のは小分け袋に入れて冷凍したものの、菜園にはこれの何十倍ものトウガラシが成っている。さてはて、どうしたものか。






Comment

うみ ...
いやん、もう面白すぎ~


どちらも見目麗しいグリーンですが、中身は全然違うんですね。

思わず頭の中を
『ブイーン ウィン ウィン タリラリタリラリ』
そして調子っぱずれの 
『ゴッドファーザー 愛のテーマ』
が通過しました。

全員が天使の歌声に変身する来年が楽しみですね~

2015.10.30 09:43 | URL | #- [edit]
たま ...
とうがらしは赤いのより青いほうが辛いとか?
読んでるだけで、鼻の奥がツーンとしてきそうな臨場感ある製造過程に
柚子こしょう作りってこんなに大変なものなのだと知りました。
ご苦労様でした。
この10倍のトウガラシ、この際だから
世界各国の辛い調味料作りに挑戦ってのはいかがでしょう。
2015.10.30 10:13 | URL | #- [edit]
村長 ...
うみさん:
楽しんでいただけて、体を張ったかいがありました!

ホント、あいつら、食品より劇物に分類すべきかと。
催涙ガスにも使われてるそうだし……。

BGMに調子っぱずれのゴッドファーザー、まさしく〜。
合いの手は「ズルズル〜」ってとこかな(^_^;)

種取り段階を端折ったので一抹の不安がありますが、
発酵菌の働きに期待デス。合唱団もがんばれ〜♪

ひとまず、激辛シチリア風ピザでも焼きますか(^_^)
2015.10.30 12:19 | URL | #- [edit]
村長 ...
たまさん:
このトウガラシは、数年前から代々種採りして育ててます♪
赤いのも相当辛いですが、青いのは辛いというより痛い!
でも、フレッシュなものは香りも格別で、
激辛だけどクセになるんですよね。
グリーンカレー好きならいけるかと。

いやぁ、こんな量の柚子こしょうでへばってたら、
世界各国の調味料づくりなんてとてもとても!

……と言いつつ、赤く熟した暁には辣椒醤に
挑戦したいと目論んでいるという←ちょっとM?(^_^;)
2015.10.30 12:35 | URL | #- [edit]

Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。