のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   2 comments

簡単ふわとろ☆ 自家製クレンジングクリーム♪

すぐレシピが見たい方は「簡単ふわとろ☆ 自家製クレンジングクリーム♪」の作り方へどうぞ♪

* * * * *

 メイク以上に肌に負担をかけるメイクおとしという工程。よく落ちるものは洗顔後に肌がつっぱるし、マイルドなものは洗い残しが気になるしで、長年化粧をしてきて、「これ!」というメイク落としに出会えたことがなかった。

 たまに及第点以上のが見つかったと思ったら間もなく品切れになったり、廃盤になったり……。しかたなく他のメイクおとしを試してみると、つっぱり感をとおりこしてヒリヒリと焼けつくような過敏反応が出るようになり、さすがに危機感を感じた。

(成分表を見ていると、どうやら「ラウリル硫酸Na」「ラウレス硫酸Na」あたりがくせ者らしいのだが、化学物質の話はひとまずおいといて。)


……となると、簡単にお店で手に入るようなほとんどのクレンジング類はアウトである。そこで、ネットのレシピを参考に、クレンジングクリームを自作してみた。すると、優しい使い心地ながら、泡立ちよくきれいに洗い落とせ、しかも洗顔後にしっとり感が持続する。

なんと、

せっけんベースに、自分に肌に合うものだけでつくるので肌にやさしい

市販のメイクおとしにありがちな人工的な香りをかがなくてよい。
 無香料、または自分の好きなアロマオイルを楽しめる。

手近な材料でできるので、メイクおとしが切れたときもお店に買いに走らなくてよい。←ズボラな私にはこれけっこうポイント!

とメリットだらけ! それにしても、メイクおとしたずねて三千里のあの行程は何だったのか。もっと早く自作に挑戦していればよかった。

ともあれ、自家製クレンジングに変えたおかげで、これまでよく感じていたガサガサ感(特にまぶたや唇)や大人ニキビもいつの間にか消え、乾燥しがちなこの季節も、以前より断然過ごしやすくなった。


 ——ということでお待たせしました、題して<クックパッド風>

「簡単ふわとろ☆ 自家製クレンジングクリーム♪」の作り方

のご紹介〜。

(1)まず、石けんを用意する(無添加石けん推奨)。分量は目分量で、なんとかなります。

151102_19.jpg

(2)石けんを端っこからナイフでうすく削り落としてフレーク状に。私は日本の純せっけんと、ギリシャのオリーブせっけんをブレンド♪
   
151102_20.jpg

(3)そこへ60℃ぐらいのお湯を、とろみがつく程度まで加える。お湯はいったん沸騰した水道水でOK。神経質な方は精製水で。

151102_23.jpg

(4)お好みで少量のオリーブスクワランオイル、ココナッツオイル、はちみつなどを入れても。その場合は、混ぜたあとレンジで人肌に温める。

151102_24.jpg

(5)(3)を再度温めてボウルに投入、(4)を追加し、クレイ粉末を少量入れる。

151102_25.jpg

(6)全部の材料がきれいに混ざるように、シャカシャカ泡立てる。冷めてまとまってきたら、ふわとろクリームの完成☆ ホイップクリームみたいで美味しそうだけど、よい子は食べないように!

151102_31.jpg

(7)あらかじめ煮沸消毒しておいた容器に詰めればできあがり! 一度にまとめてつくり、容器に入りきらない分はジッパー袋に入れて冷蔵庫のチルド室で保管すれば、その都度つくる手間も省ける。

151102_34.jpg


いかがでしたか? 次回は、「簡単ぷるぷる☆ 自家製保湿ジェル♪」のレシピを紹介予定です。



Comment

うみ ...
ふむふむ。
どうしても『美味しそう』に見えてしまう~

次のレレシピも、名前だけですでに『美味しそう』。
どんだけ食い意地はってるんだ、ワタシ・・・
2015.11.03 20:16 | URL | #- [edit]
村長 ...
うみさん:
私も「シャカシャカ」あたりで、
味見したい衝動MAXでした〜(^_^;)

体に害のある成分は入ってないはずだけど、
子どもの手の届くとこには置けませんね。
2015.11.04 11:08 | URL | #- [edit]

Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。