のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   6 comments

パンダ豆、もちもろこし初挑戦

野菜たちの生長ぶりを見ていたら欲が出てきて、急遽、前回の市民農園時代にお世話になったつる新さんにて下記種子を注文。秋まき(ただし09年版)の種カタログもついてきて、これがまた楽しみだったりする。




こちらはパンダ豆(商品名は「ぱんだ霜降り菜豆」)。食べたこともないけど、この姿に一目惚れして、つい注文した次第。




卵のような種の殻をかぶったまま、にょっきり出てきた。




翌日には殻を脱ぎ捨て、「ぼく、もう子どもじゃないもん!」とでも言いたげ。






もちもろこし(黒もちとうもろこし)も出てきたときはいかにも頼りなげだが、




まるで筍みたいに日ごとに伸びて、どこから見てもトウモロコシらしくなった。




ゴーヤーも4月に種を蒔いたのは全滅で、急遽3株、苗を買ってきた。最初はおとなしく地を這っていたものの、




ご覧のとおり生い茂り、隣の区画にまであちこち触手を伸ばし始めた。雄花はけっこう咲いているので、雌花が咲くのも時間の問題だろう。




さて、ここからはしばしの間、ほっといても出てきた&レスキューしてきたシリーズ。

境界線上からレスキューしてきたイチゴも花をつけた。真っ赤な実がついていることもあるが、私が見つけたときはだいたいナメクジが味見した後で、美しくないので写真は割愛。




こちらもレスキュー組のラッカセイ。蒔いた種はゴーヤーと同じく全部腐ってしまい、諦めていただけに、レスキューしたこの1株が根づいてくれてうれしい(投稿時現在、数輪開花中)




前任者が残していった青じそは雑草をしのぐ勢いで繁茂するので、毎回100枚単位で収穫して、薬味にしたり紫蘇ジュースにしたりふりかけ用に加工しているのだが、一向に消費が追いつかない。無人販売機の空きスペースで売らせてもらえないかな。




勝手に出てきたトマトは元気に生長し、もう実をつけた。この楕円型トマトは何と言う品種なのだろう。ご存知の方がいたら教えてください。




いっぽう、種から育てた「世界一」や苗を買った「ホーム桃太郎」は、まだのんびり花を咲かせている。




つるなしインゲンは気を遣って支柱を立てたものの、




本当に支柱いらずで実がなった。




清純で可憐な白い花は、さながら豆の花嫁さん。




十六豆も順調に生長し、




下へ下へと実を伸ばしている。毎度のことながら、アリさんお勤めご苦労!




こちらは雑草にあらず、空心菜(エンサイ、アサガオナ)という中国野菜。切れば切るほど側枝を伸ばして生い茂るので、やはり、雑草並にたくましいのかも。独特のぬめりがあり、炒めて食べると美味。




千両ナス。初夏、肌寒かった頃には葉っぱが元気がなくてやきもきしたけど、最近の暑さでみごと復活!




収穫もぼちぼち始まった。ちょっと小ぶりだけど、手塩にかけた分、愛しさも美味しさもひとしおである。







Comment

小白 ...
こんにちは!
まさに手塩にかけての成長記録ですね。
新芽の初々しさ、ぷりぷり、つやつやのナス。
この野菜たちが村長さんの腕前で
どんなお料理になるかもまた楽しみです(^^)
2010.07.17 08:39 | URL | #I6hQOqTQ [edit]
村長 ...
小白さん:
野菜たち、おかげさまで皆元気です!
元気すぎて、消費が追いつかないくらい……^^;
でも、自分で育てた野菜となると料理にも気合い入りますね。
メニュー写真もそのうちアップしまーす♪
2010.07.17 10:17 | URL | #LbtWrqQ6 [edit]
とみー ...
パンダ豆、食用にと母からもらったものがあったので
ウチでも蒔いてみましたが、第一弾は発芽せずに
全部腐ってしまいました。第二弾も蒔いてみましたが、
数年前のものなので発芽力が落ちていてダメかも。
立派に生長するとイイですね。
2010.07.19 23:47 | URL | #- [edit]
村長 ...
とみーさん:
とみーさんはパンダ豆召し上がられたんですね!
どんな味がするのだろう……、
本当に今から食べる日を心待ちにしています♪
そういえば我が家も、昔買った丹波黒大豆やだだ茶豆の種が
まだいっぱい残ってるんですが、蒔いても全部腐ってしまいます。
豆の保管って難しいのかな? いい方法はないものですかね。
2010.07.20 11:07 | URL | #LbtWrqQ6 [edit]
とみー ...
パンダ豆は甘く煮付けて食べました。
笹の味・・・じゃなくて、普通に豆でしたよ (^^)

豆の保存、ウチでは『たねとりハンドブック』を参考にしています。
大豆の場合、常温で外気に当てた状態だと、1年後には
発芽率が10%程度まで落ちてしまうそうで、ペットボトルに入れて
保管する方法が載っています。

ボトル内に豆を入れ、キャップを外したまま2週間ほど放置すると、
豆から出る二酸化炭素がボトル内に充満します。
その状態でキャップをすると、豆についてるコクゾウムシも
休眠するので、外気から守るだけでなく虫食いも防げるそうです。

ボトルは冷蔵庫に入れておくのがいいようですが、
ウチは冷蔵庫が一杯で入りきらないので常温保存。
もしかすると、長持ちしないのはそのせいかもしれません。
2010.07.21 00:37 | URL | #- [edit]
村長 ...
とみーさん:
パンダ豆、笹の味しないのかー、残念!^^
収穫できたら、私も煮付を試してみたいです。

保存方法を詳しく教えてくださり、感謝です~。
大豆ってそんなに繊細だったのですね~。
うちは桐の箱に入れて常温保存してました。
そりゃー古いの蒔いても発芽しないわけだ^^;
ペットボトルの保存方法、今度試してみます。
こうなると種保管専用の冷蔵庫が欲しくなるなー。

『たねとり~』はたしか図書館にあったので、
今度借りてじっくり読んでみます♪
2010.07.21 08:53 | URL | #LbtWrqQ6 [edit]

Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。