のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   0 comments

霧の弓池とニホンカモシカ

雾里的弓池与日本羚羊

弓池まで下りて遊歩道をひと歩き。
下山到弓池,在散步道走一走。





ほとんどの観光客は湯釜だけ見て帰るらしく、弓池は貸し切り状態であった。
看起来大部分的游客只看《湯釜》就回去,除了我以外没有人看弓池。








いい具合に霧がかかってきて、さながら水墨画のよう。
正好开始下雾,宛如水墨画一般。








下山する途中、車道の上に何やらたたずむ生き物が。近づいて見ると何とニホンカモシカではないか! 写真を撮ろうとしたそのとき、対向車線をバイクが横切った。
下山的路上,车道上站着一个什么生物。靠近去看,那竟然是日本羚羊啊! 正要拍照片的时候,在对向车行道上一辆摩托车横穿过去了。





そのまま去ってしまうかと思いきや、丘の上で振り向き、「ビックリしたなもう~」とでも言いたげに私のカメラに一瞥をくれた。北海道でも鹿に遭遇したけど(鹿その1鹿その2)、こっちは特別天然記念物だというのに、悠々としたものだ。後で宿の人に聞いたら、最近はカモシカが増えて草津の町中まで下りてくることもあるそうな。
我以为羚羊就地走了,不过它在小山冈上回头,仿佛要说"真的吓人啊!", 看我的相机一眼。我在北海道也偶然碰见过鹿(第一只鹿第二只鹿),可是日本羚羊是《特别自然保护动物》,它却这么悠然自得。后来我问旅馆的人才知道:最近因为羚羊増加,所以它们有时候甚至下到草津的街上。





中腹の笹原にも雪が積もっていて、今が6月だとはにわかに信じがたい。
山腰的竹子丛生的原野上也有雪积,难以相信现在是6月份。





さらに下ると荒涼とした「殺生河原」が見えてきた。
更一步下山,就能看到荒凉的《杀生河原》。





北海道の硫黄山もこんなだった。この不気味な雰囲気、いいなぁ!
北海道的硫磺山也是这样。这气氛令人毛骨悚然,很好啊!





サイレンの存在がこれまた不気味さを盛り上げていて、つい立ち止まってパチリ。よい子は決して真似しないやうに。
还有警报器提高令人害怕的气氛,我不由得停着拍了照片。好孩子千万不要模仿哦。






Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。