のほほん村通信

のほほん村のあみぐるみと、村長RISAKUの二胡、菜園、モノづくり。
Posted by RISAKU

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
Posted by RISAKU   2 comments

11.20原宿ライブ 来場御礼♪

 11月20日(土)、原宿の自然食レストラン"MOMINOKI HOUSE"さんにて、"二胡ユニット【雨燕】AUTUMN LIVE"を開催いたしました。

 数日前の真冬並みの寒さはどこへやら、降雨の予報も見事に外れ、当日はおだやかな小春日和となりました。メンバーの2人とも雨女なのに、これまでライブで雨に遭ったためしがないとはこれ如何に。とはいえ、今回も予想を上回るたくさんのお客様にご来場いただき、嬉しい悲鳴です。

 明治通りの喧噪から一歩離れ、お店の大きなガラス扉を開けると、そこは別世界! MOMINOKI HOUSEさんは創業34年、日本における自然食ブームの先駆け的レストランで、これまで国内外の数多くのアーティストがライブを開催してきました。入り口には誰もが知る有名ミュージシャンたちの写真やサインが飾ってあり、「同じステージに立てるなんて~☆」としばしミーハー(←死語)気分に。さらに奥へ奥へと続く店内には半地下やロフト席もあって、まるで山小屋に泊まりにきたようでワクワクします。

 もともと30分間程度でと考えていたライブですが、先月末のお店との打ち合せで「2部構成にしてください」との依頼があり、急遽30分間×2部へとボリュームを倍増!! ……と、出血大サービスしてみたものの、二胡デュオだけでは心もとなくなり、音楽仲間のAさん(ギター)、makironさん(フルート)に声をおかけしたところ、お二人とも快く引き受けていただき、楽器を持って応援に駆けつけてくださいました。

1120_2.jpg photo by makironさん

 第1部は【雨燕】の2人だけで、おなじみの「絲路駝鈴」「夜来香」などの中国曲、「涙そうそう」「見上げてごらん夜の星を」など日本の歌エトセトラ、全8曲を演奏。途中、ショパンの「ノクターン」、ヴィヴァルディ「四季より"冬"第2楽章」(二胡、ピアノ)のクラシック2曲も取り入れてみました。

 そして休憩タイムは前回ライブと同様に、お客様に二胡のミニ体験をしていただきました。弓毛が弦の間に挟まっているのを間近にご覧いただいたり、弦のどのあたりを押さえるのか質問なさったり、皆様、興味津々のご様子でした。

1120_4.jpg 第2部はまず二胡デュオでジェイ・チョウの「菊花台」「青花瓷」にはじまり、お店のスタッフさんからのリクエスト曲「姉さんの恋」(06年サントリーウーロン茶CM曲)、さらにこの日の十五夜の月をイメージしつつ「彩雲追月」を。さらにフルート(makironさん)、二胡(明緒)、ギター(Aさん)、ピアノ(RISAKU)の4人で「Fly Me to the Moon」を演奏(photo by べ~なたさん)。引き続き二胡とギターで「ダニーボーイ」「Close to You」を弾き、最後に再びmakironさんにご登場願って、二胡×フルートのトリオで「Amazing Grace」を演奏してお開きとなりました。

 今回は新曲盛りだくさんでアワアワだったり、バイオリン向けの曲で高音に苦しんだり、大胆にもぶっつけ本番で臨む曲があったりと、チャレンジングかつスリリングなライブでしたが、お客様から温かい拍手をたくさんいただき、とても嬉しかったです。お忙しいなか友情出演してくださったAさん、makironさん、本当にありがとうございました。

 そして、ライブの機会を与えてくださったMOMINOKI HOUSEスタッフのさちこさん、開催にあたり的確なアドバイスをしていただいた山田シェフにも心より御礼申し上げます。

 二胡ユニット【雨燕】はこれから長い冬眠に入りますが(早)、皆様、どうぞよい年末年始をお過ごしください♪



☆  ☆  ☆


 たまたま店に訪れたスティービー・○ンダーが何時間も弾き続けたという伝説のピアノ。エピソードを聞いていたら触っておかなければもったいない気がしてきて、かれこれ1年以上弾かずにいて手がグローブ状態だったところを、何とかだましだましして「冬」と「Fly Me to the Moon」の伴奏に挑戦しました。
 ピアノは店内中央の、コの字に奥まったスペースにすっぽり収まっていて、椅子に腰かけるだけでも落ち着きます。鍵盤をポーンと鳴らすとその響きが山小屋風の店内いっぱいに優しく、さざ波のように広がっていく。大御所がこのピアノをそれほどまでに気に入った理由が少しわかるようでした。

IMG_1952.jpg



 レストランでの演奏は初めてではないけれど、今回は厨房からとりわけよい香りが漂ってきて、今にもお腹が鳴りそうでヒヤヒヤしました。ライブ終了後いただいた「玄米ご飯セット(味噌汁・漬物つき)」は胃の腑に沁みわたりました。

IMG_1953.jpg



当日は十五夜。満月一歩手前のお月さんが煌々と道行く人を照らしていました。

IMG_1945.jpg












Comment

べ~なた ...
とても素敵な夜でした♪
ありがとうございました。

是非、冬眠は短めで!w
2010.11.25 23:38 | URL | #- [edit]
村長 ...
べ~なたさん:
こちらこそ、いつも応援ありがとうございます!

知らなかったけど、本物のアマツバメも冬眠するんですね~。
とりあえず寝たきりにならないよう気をつけます^^;
2010.11.26 08:35 | URL | #LbtWrqQ6 [edit]

Post a comment

管理者にだけ表示を許可する

コメントは承認後に反映されます

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。